社会福祉法人
稚内市社会福祉事業団

社会福祉法人 稚内市社会福祉事業団-法人の取り組み

【10/18 自然災害時想定訓練を行いました】

当法人全体で3度目となる「自然災害時想定訓練」が開催されました。

胆振東部地震の影響により稚内市では約2日間停電しましたが、その経験を活かし、”一人ひとりが考える”ことをテーマに掲げた訓練となりました。

被災した際、目まぐるしく変わる状況を想定し、「災害状況」の付与により状況を再現しました。

 

▲災害状況を確認している様子

市内の道路状況や利用者様の状況など職員の出退勤の状況、余震の発生の影響で施設の窓ガラスが割れたなど、実際の災害状況を想定した内容を時間ごとに提供し、目まぐるしく状況が変わることに対するアプローチの仕方を自ら考える研修になりました。

外部から稚内市総務防災課 小室主幹・亀谷主査、稚内市消防署 佐藤主幹の以上3名の方が、お忙しい中、お越しいただきまして、ありがとうございました。

▲他施設から足りない物品を借りる様子

 

施設の感想や外部からの講評は下記をクリックしてください。

施設の感想及び講評

 

 

一覧画面へ戻る