社会福祉法人稚内市社会福祉事業団

社会福祉法人 稚内市社会福祉事業団
  - 「新北海道スタイル」安心宣言に準拠した取り組み

 当法人では、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、下記のとおり「新北海道スタイル」 安心宣言に準拠した「7つの習慣化」に取り組んで参りますので、ご理解とご協力をお願い致します。

入所施設における対話面会の一部規制緩和について

 特養・養護各入所施設利用者へのご家族等の面会受入れ環境整備(飛沫感染対策)を終えて、 6月24日に嘱託医師による面会場所(環境)の確認をいただいた結果、 道外からの面会は差し控えつつの了承を受けましたので、感染予防対策を継続しながら面会規制を 一部緩和し、下記のとおり7月1日より対話面会の受入れを再開させていただきますので、宜しくお願い致します。

【対象施設:従来型・ユニット型特別養護老人ホーム富士見園、養護老人ホーム富士見園】

(1)面会方法 : 予約制とさせていただきます

(2)面会時間 : 1回あたり15分を上限とします

(3)面会人数 : 2人を上限とします

(4)面会時間 : 13:00〜17:00までとします

(5)1日の面会受入数 : 4組とします

(6)面会の際はマスクの着用をお願い致します


※面会予約は、各施設の生活相談員が担当し、ご要望に応じた日時調整をさせていただきます。

※地域の感染状況に応じて対応の変更があることをご了承下さいますよう、お願い致します。

※面会時は、写真のとおりシート越しでの対応とさせていただきますので、ご了承下さいますよう宜しくお願い致します。



 コロナウイルス感染以前のような面会開放に至らずご不自由をお掛けしますが、 職員も健康に留意しましてご利用者の健康維持・促進のため日々奮闘していますので、 ご理解の程、宜しくお願い致します。

 また、マスクなど感染予防具のご寄付をはじめ、 多くの皆様の励ましに対しまして、改めて感謝申し上げます。